<body id=bd><script type="text/javascript"> function setAttributeOnload(object, attribute, val) { if(window.addEventListener) { window.addEventListener('load', function(){ object[attribute] = val; }, false); } else { window.attachEvent('onload', function(){ object[attribute] = val; }); } } </script> <div id="navbar-iframe-container"></div> <script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script> <script type="text/javascript"> gapi.load("gapi.iframes:gapi.iframes.style.bubble", function() { if (gapi.iframes && gapi.iframes.getContext) { gapi.iframes.getContext().openChild({ url: 'https://www.blogger.com/navbar.g?targetBlogID\x3d9454517\x26blogName\x3dmobile::metrics\x26publishMode\x3dPUBLISH_MODE_BLOGSPOT\x26navbarType\x3dTAN\x26layoutType\x3dCLASSIC\x26searchRoot\x3dhttp://mmetrics.blogspot.com/search\x26blogLocale\x3den_GB\x26v\x3d2\x26homepageUrl\x3dhttp://mmetrics.blogspot.com/\x26vt\x3d-4024811798546023877', where: document.getElementById("navbar-iframe-container"), id: "navbar-iframe" }); } }); </script>
mobile::metrics
Blog | Palmwares | BBS | Obsolate contents | Links
mobile::metrics© for palm powered handhelds
Palmやら京ぽんやら身近なmobileな話題

>>Sunday, November 20, 2005

RTSの信号

 前回SrmOpenしてもRTSがHighにならないよと書きましたが、Peripheralの抵抗をちゃんと100kΩのものをつけてやって、テスターで計ったらちゃんとhighになってました。
 でもSrmGetStatusで状態を取得すると0x000DでRTSのビットだけ立ってないんだよなぁ。テスターではRS232レベルでHighになってるのに、、、
 で、インチキHCI Command Packet(OCF:0x0005, OGF:0x04, Read_Buffer_Size)を送ってやったら、先頭バイトが0x04のEvent Packetが返ってきました!!!
 でもSrmSetWakeupHandlerにArmletの関数アドレスを入れると、dataがRS232にくるとハングしちゃんだよなぁ。どうもとんでもないアドレスとcalleeとして認識しちゃってるみたい。たぶんCのコードで渡してる関数ポインタが相対な物なんだろうな、、、
 同じようなので、callbackとしてBT stack libのからもらう関数アドレスをC言語コールすると、これまたハング。これは絶対アドレスになってて呼び出し規約がどうも違ってるっぽい、、、
 ATPCSまた読むかのぉ、とほほ。
posted by shinhei @ 11/20/2005 06:10:00 am 5 comments

>>Sunday, November 06, 2005

うはwwwwwwwwwリンクされてるwwwっおkwwwwww

こんな放置サイトがなぜかリンクされています(笑)
http://www.palmsource.com/interests/japan/ ← でJapanese Palm OS Blogsのmobile::metricsところ。
もうだめかもわからんね(笑)

さてBTのHCIドライバーですが、インチキヘッダー部が何とか解析できてArm native libraryの体裁になるとこまできました。
Serial managerを叩いてRTSをONにしようとしてるんだけどなぜかSrmOpenしてもRTSがONにならないんだよねー。
BTモジュールちゃんとRS232C経由で通信するにはもう一山あるんだなこれが。

でも時間なくて結局放置時間が多いのよーん。
PalmがUART HCIのソースを参考用に公開してくれるといいんだけどなぁ、、、
posted by shinhei @ 11/06/2005 03:01:00 am 23 comments

>>Tuesday, May 03, 2005

objdumpでasm読みまくり

objdumpでasm読んでるんだけど、、、ARMはasmに落とすと量が多いなぁ、、、とほほ。
ASHLA.pdfも読んでるんだわさ。そんだけ。
posted by shinhei @ 5/03/2005 08:17:00 am 0 comments

>>Sunday, May 01, 2005

EYSF2CAXXその後

最近ちょっと時間が空いたので、以前勢いで購入したEYSF2CAXXをいじってみることにした。
相変わらずTransportLibの構造はわからずじまいでめども立ってないが、とりあえずHWをなんとかしようということで、銅箔の上にRS422トランシーバーと組んでみた。こんな感じ→

IMG_0787

組み立てただけで単体テストもできないとあれなので、+3.3Vの電源はPalmから、データはPCにつなげてsimulatorで叩いてみた。

IMG_0785

simulatorでBT機器がいじれるのは結構前からある話で、こんな風に機器を販売しているところもある。
で、Cobaltで動かしてみたらばっちしうごいちゃうし。

bt01

bt03

bt06

動いてしまうとあっけないものですな。で、調子に乗ってGarnet Simulatorでも。

Garnet-BT01

Garnet-BT02

Simulatorの世界ではHCIのredirectionが効くので簡単にこんなことができるけど、実機ではこうはうまく行かないんだよなぁ…(というか、隠しFunctionでできるのかもね。。。だとしたらちょっと前のM$ばりのUndocumented functionsだよなぁ、、、)
実機のTCで動いてくれないとちっともうれしくないのでTransportLibを何とかしたしたいんだけど、どうしたものかなぁ。
前にちらっと聞いたGPIO Registerいじり技を試してみるかなぁ。。。とほほ。
posted by shinhei @ 5/01/2005 02:27:00 pm 0 comments

>>Monday, April 25, 2005

FilePC2PDA

FreewareのCardExportソフトみたいです。FreePC2PDA
TCでも動きました。bluetooth越しもOKみたい。
posted by shinhei @ 4/25/2005 01:27:00 am 0 comments

>>Wednesday, March 23, 2005

JFHack途中経過

あーいつまでも途中経過なんだろうなぁ(笑
using with Plucker:
HRCapt20050323180033
using with 秋葉マップ:
HRCapt20050323164016

ちなみに使用フォントはSH-G30です。
posted by shinhei @ 3/23/2005 06:17:00 pm 0 comments

放置 orz 放置 orz 放置 orz

前のPostから3ヶ月くらい経っちゃってますねぇ。日本語化Hackも大体は良いんですが、DTG7とかだとうまく日本語を処理できないみたいで表示が ぐちゃぐちゃ。まだFnt???やTxt???のパッチにバグあるっぽい。そもそも時間が取れないからなぁ、、、6月くらいまでは本格的には時間取れない だろうな。そんな風に放置してるうちにも世の中は進んでゆく。
posted by shinhei @ 3/23/2005 03:38:00 pm 5 comments
 
How to Suggest a Site | Company Info | Privacy Policy | Terms of Service | Jobs | Advertise With Us | Help
Copyright © 2005 for Blogger

Powered by Blogger